推奨工法

【 マーベラス工法 】

モルタル外壁を長持ちさせるには、雨水の浸入やラスの錆を防ぐことが大切です。
本工法は、ラス施工後に水性のゴムアスファルト系防水材を全面に吹き付けることを大きな特徴としています。この防水材が膜をつくり防水シートの継ぎ重ね部分やラスを留めるステープルの孔を塞ぎ、一体的な止水層を形成します。また防水材はラスに付着することでラスの錆を防ぐ効果も発揮します。これにより外壁のライフサイクルコストを低減した、長期に渡り安心に暮らせるモルタル外壁の家をご提供します。
お問い合わせは、太平洋マテリアル株式会社 機能性材料営業部
TEL:03-5500-7512 E-mail:e-kikaku@taiheiyo-m.co.jp


◆マーベラス工法は以下5社の研究会メンバーにより開発、推進しています◆
秩父コンクリート工業株式会社
株式会社ニッケンビルド
株式会社日総
富士川建材工業株式会社
太平洋マテリアル株式会社