推奨工法

【 Wラス 】

用途 木造住宅のモルタル外壁「通気構法二層下地」および「非通気構法直張り下地」に使用します。
構造 板厚0.7mmのエキスパンドメタルに直径1.6mmの力骨を150mmピッチでスポット溶接したメッシュ構造です。
特徴 波型ラスなど多くの製品は、エキスパンドメタルのみで構成されていますが、本製品は、直径1.6mmの力骨を付けることにより、ステープル支持点の耐久性を高めモルタル壁を長期に渡り安全に保持します。また高さ7mmの波付け加工により、モルタルの中間層にラスが入るよう工夫することで、錆びにくくより一層に付着力を高めています。
Wラス Wラス
ニッケン通気ラス ニッケン通気ラス

【 ニッケン通気ラス 】

用途 木造住宅のモルタル外壁「通気構法単層下地」に使用します
構造 板厚0.6mmのエキスパンドメタルに直径1.6mmの力骨を150mmピッチでスポット溶接したメッシュ構造にクラフトテープで裏打紙を留めてラスと一体化した製品です。(PAT.)
特徴 裏打ち紙をラスと一体化しているため均等な塗り厚で施工しやすく、モルタルはラスと裏打ち紙の間に十分にまわり込むようになっています。

「通気構法単層下地」用ラスとして長い実績を持つ1.6mmと2.0mmの鉄線を溶接したニッテツ住金ラスもご用意しています。

その他、マーベラス工法(太平洋マテリアル㈱、秩父コンクリート工業㈱、富士川建材工業㈱、㈱日総、㈱ニッケンビルドの共同開発工法)も取り扱っています。
詳細は当社ホームページをご覧ください。
http://www.n-build.co.jp/